VPNを使っても海外の動画が見れない原因は?対策まとめ

VPNサービス

VPNは、海外から日本国内に地域制限されている動画配信サービスなどを利用できるようにしてくれる便利なサービス。

海外在住の方や海外旅行・出張をされたことのある方は、利用経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなVPNを利用して動画を視聴していると時折、スムーズに視聴できないことがあります。

今回は、そんなVPNを使用しているのに動画が見れない場合の対処方法をご紹介。

「今まさに動画が視聴できなくて困っている!」

「見れなくなった時のために学んでおきたい!」

こんな方のために原因と、それに対する効果的な対策をまとめています。

ぜひ参考にしてください。

迷ったらこれ!おすすめVPN

オススメNo1:NordVPN

プライバシー保護で安全な制限なしネットワーク。→詳しく

オススメNo2:Atlas VPN

コスパがいいVPNサービス。→詳しく

オススメNo3:スイカVPN

海外在住日本人必須のVPNサービス。→詳しく

VPN接続しても動画が見れない原因4つ

VPNに接続しても動画が視聴できない原因は、主に以下の4つ。

  1. ブラックリストに入っている
  2. VPNサービスに地域ブロックがかかっている
  3. 同じサイトに複数のVPNサーバーからアクセスしている
  4. ブラウザのキャッシュにVPN接続前の情報が残っている

1. ブラックリストに入っている

VPNは、通信元のIPアドレスを別の地域のIPアドレスに変換するサービスです。

VPNを利用する事自体は、違法性はありませんが悪用していると誤検知されてしまいサービス提供側にブロックされてしまうことがあります。

これがブラックリストに入っている状態です。

動画配信サービスのブラックリストに入ってしまうとそのVPNを利用した通信では、動画配信サービスにアクセスできません。

2. VPNサービスに地域ブロックがかかっている

VPNサービスは、アクセス元の地域を変換することで地域制限がかかっている動画配信サービスを利用できます。

しかし、変換する地域を間違っていると正常に動作しないことがあります。

例えば、日本国内限定の動画配信サービスに海外からのVPNサービスを利用して地域を中国からのアクセスに変換してアクセスした場合。

変換後の地域も日本国外である中国からのアクセスのため、アクセスはブロックされてしまいます。

このようにアクセスしたい動画配信サービスに適した地域に変換がされていないと動画配信サービスにアクセスできず動画が視聴できません。

3. 同じサイトに複数のVPNサーバーからアクセスしている

VPNでは、接続先の地域を自由に変更できますがこの地域変更を短時間に複数行うと動画が見れなくなる原因となります。

ウェブサイトでは、複数の地域から短時間にアクセスされていることを検知すると不正アクセスと判断。

不正アクセスと判断された通信は、ブラックリストに加わった場合と同様にアクセスが制限されます。

4. ブラウザのキャッシュにVPN接続前の情報が残っている

動画配信サービスを利用する際多くは、GoogleChromeやFirefoxなどウェブブラウザを利用されるかと思います。

このウェブブラウザには、キャッシュと呼ばれる通信履歴を保持しています。

キャッシュ情報にVPNを利用する前の通信が残っている場合、VPNが正常に動作せず目的の動画配信サービスにアクセスできないことがあります。

まずはこれを試して!VPNを利用しても視聴できない場合の改善方法5つ

VPNを利用しても動画が視聴できない際の対処法は、この5つ。

  1. VPNサービスを再起動
  2. ブラウザのキャッシュをクリア
  3. VPNサービスの通信プロトコルを変更する
  4. VPNサービスのサポートに連絡する
  5. 別のVPNサービスの利用を検討する

それぞれ詳細を説明します。

1. VPNサービスを再起動させる

まず試してみてもらいたいのが、VPNサービスの再起動です。

VPN接続を解除してサービスを終了。

再度サービスを起動するときに、接続先を変更してみてください。

この操作により接続情報などが更新されるので、ブラックリストや地域制限などを回避できる可能性があります。

2. ブラウザのキャッシュをクリア

ウェブブラウザのキャッシュは、ユーザーにて削除することできます。

キャッシュの削除によりVPN接続前の情報が削除され、VPN接続後の情報にて通信を始めます。

これにより動画配信サービスが正常に利用できるようになる可能性があります。

3. VPNサービスの通信プロトコルを変更する

一部のVPNサービスは複数の通信プロトコルをサポートしています。

通信プロトコルを変更することでブラックリストや複数地域アクセスによるアクセスブロックを回避できる場合も。

通信プロトコルの変更機能があるVPNサービスならまずお試しください。

4. VPNサービスのサポートに連絡する

これまでの操作を行っても改善されない場合は、VPNサービス側に原因がある可能性や提供元でしか対応できない可能性が高いです。

ブラックリストに追加されている場合などは、サービス間でやり取りをしなければ改善されないケースも。

これまでの改善方法を試してみて、改善されなければ接続アプリや公式サイトからサポートへ問い合わせしてみましょう。

サポートの対応速度などは利用するVPNのサービス内容によって違います。

詳しくはサービス規約などを確認しておくとよいでしょう。

5. 別のVPNサービスの利用を検討する

最終的に、問題が解決しない場合、別のVPNサービスを検討してみることも一つの選択肢。

あなたのVPNを利用するデバイスやネットワーク環境とVPNサービスの相性が原因という可能性もあります。

その場合VPNサービスを切り替えることで、問題が解決する可能性があります。

VPNサービスによっては、無償期間を設けているサービスもあります。
実際に試してみて、あなたに合ったVPNサービスかを切り替え前に確認するとよいでしょう。

迷ったならこちらを選ぼう!おすすめのVPN

今回は、おすすめのVPNサービスを3つご紹介。

特徴と価格も合わせてご紹介しますのでVPNサービス選びの参考にしてください。

  • 王道VPNサービス「NordVPN」
  • コスパ最高「AtlasVPN」
  • 中国に強い「スイカVPN」

順番にご紹介していきます。

王道VPNサービス「NordVPN」

NordVPNは世界的に有名なVPNサービス。

通信には独自開発した通信プロトコルを採用しており高い品質を提供。

また、接続先サーバー数も多く、安定して使いたいならおすすめです。

\プライバシー保護で安全な制限なしネットワーク/
ネットもスマホも仕事でも
NordVPNをチェック!

30日間返金保証

コスパ最高「AtlasVPN」

AtlasVPNは日本の企業が提供してくれるVPNサービス。

低価格、セキュリティが標準搭載と他にはない特徴が満載。

コストパフォーマンスがいいサービスを求めている方におすすめです。

\業界最安値/
コストパフォーマンス重視の方に
AtlasVPNをチェック!

30日以内であれば返金可能

中国に強い「スイカVPN」

スイカVPN

スイカVPNは中国で特に信頼性の高い接続を提供するVPNサービス。

中国で使いたいという場合はスイカVPNがおすすめ。

価格は、月額998円からとなっています。

\海外在住日本人必須のVPNサービス/
日本と同じネット環境を
スイカVPNをチェック!

無料で30日間おためし!

まとめ

今回は、VPNを利用していても動画が見れない原因と改善方法をご紹介しました。

  • VPNを使っても海外の動画が見れない原因は、ブラックリストへの登録、複数のVPNサーバーからの同時アクセス、VPNサービスによる地域ブロック、ブラウザのキャッシュによる情報残留などが考えられる。
  • これらの原因に対処するために、VPNサービスの再起動、ブラウザのキャッシュクリア、通信プロトコルの変更などの改善方法がある。
  • 問題が解決しない場合、サポートへの問い合わせしてみましょう。
  • VPNサービスによって性能はさまざまなので製品の切り替え検討も重要。

VPNサービスは、通信元地域を変換するという機能のため、通信が不安定なことも稀に発生します。

適切な対応を取れば問題なく利用サービスです。

今回ご紹介した改善方法を参考に快適なVPN通信を行って動画配信サービスを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました