Steamのおま国回避方法:VPNを使えば解決できます!

VPNサービス

今回は、Steamでゲームをする際に発生する「おま国」を回避する方法をご紹介していきます。

「おま国って何?」という方でもわかりやすいように、「おま国」の説明から回避策であるVPNのメリット・デメリットをまとめています。

ぜひ最後までご覧になってください。

迷ったらこれ!おすすめVPN

オススメNo1:NordVPN

プライバシー保護で安全な制限なしネットワーク。

オススメNo2:Surfshark VPN

同時接続台数は制限なし。

オススメNo3:RAKULINK

海外から日本の動画を楽しむなら。

Steamでよく使われる”おま国”とは?


「おま国」(オマコク)とは、日本国内のユーザーが海外のゲームやコンテンツにアクセスできない状況を指すスラングです。

これは、「お前の国には提供されていない」の略で、主にSteamを含めて様々なゲームオンラインプラットフォームで使われています。

具体的には、特定のゲームが日本国内からは購入できない、もしくは利用制限がかけられている場合に「おま国」と表現されます。

ラテ先生
ラテ先生

ジオブロック(地域制限)ということが多いですね

Steamで”おま国”になる原因


「おま国」が発生する理由はいくつかあります。

主に以下の2点です。

  • 国内の法規制の問題
  • 販売権の問題

1つ目は、国内の法規制の問題です。

ゲームの販売は、国によって規制が異なります。

暴力的な表現や性的な内容を含むゲームには、特に規制が厳しく禁止されるケースがあります。

2つ目は、販売権の問題です。

PCゲームなどは、開発元とゲームオンラインプラットフォーム側で契約を結んで販売しています。

その際に特定の国にのみ独占的に販売権を持っている場合、同じゲームが他のルートで購入できないようにするための措置が取られることもあります。

Steamで海外アカウントを作成すると”おま国”を回避できる


おま国を回避する方法としては、海外アカウントを作成するという方法が有名です。

Steamで海外アカウントを作成すると、その国のユーザーとしてSteamを利用できるので「おま国」による制限を回避することができます。

しかし、この方法にはリスクが伴います。

Steamの利用規約に違反する行為であり、発覚した場合にはアカウントの凍結や永久バンなどの厳しい措置が取られる可能性があります。

このように、回避はできるがリスクもある方法であることを理解しておいてください。

海外アカウントを作るにはVPNの利用が必要

Steamで海外アカウントを作成するには、日本国外の通信であるように工夫する必要があります。

その方法としておすすめなのは、VPN(仮想プライベートネットワーク)の利用です。

VPNを使うことで、ユーザーのIPアドレスを他国のものに変更し、Steamがユーザーの地域を異なる国として認識するようにします。

これにより、日本にいながら別の国のユーザーとしてSteamを利用することができます。

ラテ先生
ラテ先生

VPNのメリット・デメリットはこちらをチェック!

VPNを選ぶ際のポイント


「おま国」を回避するためにVPNを使ってみようと思ってもどのVPNサービスを使ったらいいか分からないと思います。

そこで今回は、VPNを選ぶ際のポイントをチェック!

VPN選びのポイントは、主に以下の4点です。

  1. 無料VPNは避ける
  2. 通信速度や安定性
  3. 料金プラン

1. 無料VPNは避ける

VPNサービスには、無料のサービスと有料のサービスがあります。

無料のVPNサービスでも「おま国」を回避することは可能ですが無料VPNは避けましょう。

無料VPNは広告やデータの収集を目的としており、安全性やプライバシー保護が不十分な場合があります。

また、通信制限があるため、速度が遅く、安定性に欠けることが多いです。

安心してVPNサービスを利用したい方は、有料のサービスを選択しましょう。

ラテ先生
ラテ先生

どうしても無料で使いたい!という方はこちらで紹介しているVPNサービスをチェック!

2. 通信速度や安定性

VPNサービスを選ぶ際の重要なポイントの一つは、通信速度や安定性です。

VPNサービスは、高速な接続と安定したサーバーインフラを提供し、ユーザーが快適にインターネットを利用できるようにします。

どういった通信手法を使っているのか、通信速度に関する口コミなど事前にチェックしておきましょう。

3. 料金プラン

VPNサービスを選ぶ際に重要な要素の一つは料金プランです。

VPNプロバイダーはさまざまな料金プランを提供しており、月額や年額のサブスクリプション料金が一般的です。

料金プランを比較する際には、透明性のある料金設定や返金保証の提供、同時接続の許容数、そしてカスタマーサポートのレベルなどを考慮することが重要です。

自分のニーズや予算に合った適切な料金プランを選ぶことが、満足度の高いVPNサービスを見つける鍵となります。

迷ったならこちらを選ぼう!おすすめのVPN

今回は、おすすめのVPNサービスを3つご紹介。

特徴と価格も合わせてご紹介しますのでVPNサービス選びの参考にしてください。

順番にご紹介していきます。

王道VPNサービス「NordVPN」

NordVPNは世界的に有名なVPNサービス。

通信には独自開発した通信プロトコルを採用しており高い品質を提供。

また、接続先サーバー数も多く、安定して使いたいならおすすめです。

\プライバシー保護で安全な制限なしネットワーク/
ネットもスマホも仕事でも
NordVPNをチェック!

30日間返金保証

コストを押さえて利用したいなら「Surfshark VPN(サーフシャーク)」

Surfshark VPNは、手頃な価格で利用できる高品質なVPNサービスです。

無制限の同時接続を提供しており、家族全員で使いたい場合や複数デバイスでの利用に最適。

また、強力なセキュリティ機能を備え、広告ブロッカーやマルウェア対策も含まれています。

価格面でも非常に競争力があり、コストを押さえつつ高機能なVPNを求めるユーザーにぴったりです。

\同時接続台数 制限なし/
2年プランで激安の月額308円
Surfshark VPNをチェック!

お試し返金実施中

海外から日本の動画を楽しむなら「RAKULINK(ラクリンク)」

RAKULINK(ラクリンク)は、DIRECT PROVIDER CO., LIMITEDが提供している海外在住の日本人向けに開発されたVPNサービスです。

専用のアプリをスマートフォンやテレビ端末にインストールするだけで、日本のIPアドレスを利用して日本の動画やテレビ番組を視聴できます。

多端末対応で、外出先でも自宅でも簡単に接続が可能です。

\日本の動画を海外で!/
どこでもエンタメ満喫
RAKULINKをチェック!

1週間お試しで安心体験

今すぐチェック!

まとめ


今回は、Steamで発生してしまう「おま国」を回避する策としてVPNを利用する方法をご紹介しました。

本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  • 「おま国」とは、日本国内のユーザーが海外のゲームやコンテンツにアクセスできない状況を指すスラング。
  • おま国を回避する方法としては、VPNを利用した方法がおすすめ。
  • VPNを利用すると「おま国」回避以外にも通信の安定性向上などさまざまな恩恵を受けられます。
  • おま国回避は、Steamの規約違反とみなされる可能性があるので使用する際は注意が必要。

VPNは、使用することで「おま国」を回避し、安全な通信でゲームを楽しむことができます。

しかし、規約違反のリスクがあることも忘れてはいけません。

ぜひ本記事でVPNに興味を持っていただけたなら、VPNを選ぶ際のポイントを参考にVPNサービスを使ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました