Unityはオワコンで時代遅れ?言われる理由と今後の展望 | Unity入門の森 ゲームの作り方

Unityはオワコンで時代遅れ?言われる理由とは

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

「Unity」は人気のゲームエンジン。

そんなUnityですが、「ゲームエンジン Unity」と調べると、「オワコン」や「時代遅れ」といった内容が検索候補に上がるのを見たことないでしょうか。

競合が増えて、どのゲームエンジンを使用するか、悩む人も多いと思います。

  • Unityはオワコン・時代遅れなのか
  • Unityをオススメする理由
  • Unityを学ぶ方法

についてこの記事で紹介します。

激しい競争と「時代遅れ」との噂にも関わらず、Unityはゲーム開発の重要な基石として残っています。

しかし、なぜ一部からは「終わった」とレッテルを貼られるのでしょうか?

Unityの評判について掘り下げてみましょう。

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:アミューズメントメディア総合学院

未経験から業界で活躍できるゲームクリエイターになれる!

詳細はこちら


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

Unityがオワコン・時代遅れと言われる理由

Unityがオワコンと言われている理由は大きく3つあるとされています。

  • 競合ゲームエンジンの進化
  • 多機能すぎて複雑
  • 料金改正で炎上

1つずつ詳しく解説していきましょう。

競合ゲームエンジンの進化

少し前までは「ゲームエンジンといえばUnity」というイメージ。

しかしゲーム業界が盛り上がり、プレイヤーが増えるにつれてゲームのクオリティも高くなっています。

有名なものだと、ハイエンドゲームに多く使われている「Unreal Engine」は聞いたことがあるのではないでしょうか。

他にもゲーム会社がそれぞれで独自開発したゲームエンジンのクオリティも上がってきています。

  • CAPCOMの「REエンジン」や「ワールドエンジン」
  • コーエーテクモの「Katana Engine」
  • 「メタルギアソリッド」「ウイニングイレブン」などで使われているFOX ENGINE

「Unityのクオリティが低い」わけではなく、

「制作したいゲームにあったゲームエンジンを使う」

「自社で独自のゲームエンジン開発をする」

などの選択肢が増えたことが「オワコン・時代遅れ」と言われる1つの原因かもしれませんね。

多機能すぎて複雑

2004年にリリースされたUnity。

歴史が長く、繰り返しアップデートされて、多くの機能を実装。

マルチプラットフォームにもしっかりと対応しています。

できることが増え、色々なゲームを作れるようになった代わりに、

  • 操作が複雑になった
  • 設定項目が多い
  • バージョンによって細かい修正が必要

などのデメリットも出てきているようです。

料金改正で炎上

「オワコン」と言われるようになった最大の要因として外せないのは「2023年9月の炎上騒動」でしょう。

きっかけは2023年9月に発表された「Unityの価格改正」。

値上げをすることは予想されており、Unityの開発をする為にも必要な値上げだと多くのユーザーが考えていました。

問題は、大きく3つ。

  • インストール数が多くなるにつれて、支払う金額が多くなる
  • 新しく発売したものだけでなく、数年前から発売されていた作品も対象になる
  • 新しい価格方式について告知がなかった

この発表は、世界中のクリエイターを巻き込む騒動に発展しました。

結果として数日のうちに、謝罪と修正された内容を発表して、騒動は落ち着くことになります。

この騒動でのイメージや議論の内容が、ネット上に多く残っているのも「オワコン」と言われる要因ですね。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

Unityをオススメする理由

ここまで「オワコン・時代遅れ」と言われる理由を解説してきました。

しかし、それを踏まえた上で「Unity」はオススメのゲームエンジンです。

騒動の後でも「ゲーム開発を民主化する」というテーマで運営している「Unity」

そんな「Unity」をオススメする理由を4つ

  • Unityは最も使用されているゲームエンジンである
  • 商用のゲームでも利用されている
  • 初めてのゲーム制作でも安心
  • 無料で始められる

詳しく紹介します。

最も使用されているゲームエンジンである

「Unreal Engine」や独自開発のゲームエンジンなど、ゲーム開発用のソフトの選択肢は広がり続けています。

にも関わらず、Unityのシェア率は33%と、数ある選択肢の中でトップシェア

ユーザーが多いことで

  • サービスが終了しにくい
  • つまずいた時の対処法
  • 情報の多さ

などがメリットになります。

商用のゲームでも利用されている

個人から企業まで使うUnityは商用利用も可能。

PC

  • Mac
  • Windows

家庭用ゲーム

  • PS5
  • PS4
  • Switch
  • Xbox

スマートフォン

  • iOS
  • Android

などマルチプラットフォームに対応しています。

初めてのゲーム制作でも安心

Unityはツールを使用することでプログラミングなしでゲームが開発可能です。

他にもUnity上にある「Asset Store」では3D素材や2D素材、音声などがダウンロードできます。

もちろん、クオリティを求めるのであれば、プログラミングなどの勉強は必須ですが

ゲーム制作ってどんな感じ?

まずはやってみたい!

という人には嬉しいですね。

無料で始められる

そんなUnityですが、基本的に無料で使用できます

いくつかのプランに分かれており、有料のものはサブスクリプション(月額)形式になっています。

とはいえ個人であれば、ほとんどの人が無料でも問題なく使用できるので心配いりません

 

Personal

Plus

Pro

金額

無料

月3,000円

月15,000円

条件

収益10万ドル(約1000万円)未満

収益20万ドル(約2000万円)未満

制限なし

まとめ

「時代遅れ、オワコン」といわれるUnity。

原因になっているのは料金改正での炎上騒動が大きいようですね。

しかし実際は

  • ゲーム制作エンジンでトップシェア。
  • 複雑に感じてしまうくらい多機能
  • 対応プラットフォームも多い
  • 初心者にやさしく、無料で始められる

など、大きな欠点はなく、今後も多くのクリエイターはUnityに触れるのは間違いないでしょう。

もちろん、当サイトでもオススメするゲームエンジンです。

これから「ゲーム制作を学んでみようかな」と考えている人は当サイト内のゲーム講座がオススメ!

ぜひ興味のある人は覗いてみてください!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました