【中学生向け】ゲームクリエイターになれる高校まとめ2選 | Unity入門の森 ゲームの作り方

【中学生向け】ゲームクリエイターになれる高校まとめ2選

【中学生向け】ゲームクリエイターになれる高校まとめ2選 ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

小・中学生のなりたい職業ランキングで人気があるゲームクリエイター。

将来ゲームクリエイターになりたい方もいるのではないでしょうか?

中学生で進路を決めるときに、「どうせ進学するならゲームクリエイターの勉強ができる高校がいい」

と思っている中学生のあなた。

高校受験をするにも、どこを受ければ「ゲームクリエイター」を目指せるのか疑問ですよね?

*この記事で分かること*

  • ゲームクリエイターを目指せる高校
  • ゲームクリエイターになるためにこれからやるべきこと

そこで、この記事では、「ゲームクリエイター」の勉強ができる高校を紹介いたします。

ひつりん
ひつりん

また、ゲームクリエイターの絶対条件も踏まえて解説していきましょう。

ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:アミューズメントメディア総合学院

未経験から業界で活躍できるゲームクリエイターになれる!

詳細はこちら


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲームクリエイターを目指せる高校2選

ゲームクリエイターを目指せる高校2選

高校から専門的な知識をつけることには、さまざまな利点があります。

個性を伸ばせるだけでなく、プロレベルのスキルが身に付くので、就職活動もしやすいです。

即戦力になれるレベルのスキルを得られます。

高校卒業資格が取れるので、安心して好きなことに熱中できます。

バンタンゲームアカデミー

[youtube https://youtu.be/Ehbq5wYTaDg?list=TLGGYJC3Ax3jUfQxMjAyMjAyMg&w=640&h=360]

専攻

特徴・学べるスキル

ゲーム制作

プログラミング

キャラクターデザイン

デッサンの基礎から2DCG

アニメ・CG

デッサンやCG操作・3DCG・アニメ制作

アニメ&ゲーム声優

声優の基礎からマルチな分野

esports

ゲームテクニック・ゲーム業界ビジネス

『バンタンゲームアカデミー』では、未経験からプロレベルまで成長することができる学校です。

10代から夢に向かって力をつけられるように、スキルを磨いていきます。

コースが分かれているので、自分のなりたい分野に絞って勉強ができますよ。

東京校のほかに、大阪校と名古屋校があり、遠方の方でも通うことが可能です。

バンタンゲームアカデミーを見てみる

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校

専攻

特徴・学べるスキル

企画・シナリオ

シナリオライティング・ゲームプランニングなど

プログラム

C言語プログラミング・プログラム設計技法など

アニメーション

3DCGモデリング・キャラクターデザインなど

『ヒューマンキャンパスアカデミー』は、ゲームとアニメに力を入れている学校です。

高校の勉強を学びながら、専門知識を身につけることができます。

選択式なので、自分の希望を1番に考えて学ぶことが可能です。

上記のカリキュラム以外にも、声優やマンガ、メイクなどの分野も幅広く。。

ゲームクリエイターの中から選びきれないなら、体験しながら決めるというのもアリですよ。

ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

高校入学前にやっておくべきこと

高校入学前にやっておくべきこと

進路先を決めると同時に、高校入学前にやっておくべきことがあります。

  • どの分野を目指すのか決めておく
  • 学業を怠らないように勉強をする
  • 規則正しい生活を心がけよう

詳しく解説します。

どの分野を目指すのか決めておく

ゲームクリエイターを簡単に解説すると、「ゲームを作るさまざまな人たち」のことを指します。

ゲームを作るといっても、そのプロジェクトには、たくさんの人が関わっています。

例えば、プロデューサーやディレクター。

この人たちがゲームの責任者になり、クリエイターに指示を出します。

クリエイターの中にも

  • プログラミングをする人や音楽を作る人
  • 背景やキャラクターを描く人

などさまざまな役割の人がいます。

その人たちがチームになって、クオリティーの高い素敵なゲームを生み出しているのです。

そのため、しっかり自分のなりたい分野を見極めておくのも大切です。

プログラミングを専攻ならUnityで実践を

Unity』は、誰でも簡単にゲームを作ることができる、制作エンジンです。

ゲームクリエイターを目指す前に、まずは自分なりのゲームを制作してみるのがおすすめ。

基礎的なプログラミングの知識が必要ですが、それさえ知っていれば無料でも作れます。

ここで挫折をしてしまうのであれば、ゲームクリエイターになってからも苦労するかもしれません。

ひとつのゲームを完成させるまで、頑張ってみましょう。

ひつりん
ひつりん

当サイトでもUnityのゲーム講座を公開しています。

学業を怠らないように勉強をする

ゲームクリエイターになるには、資格も学歴も必要ありません。

スキルとゲームに関する知識があれば、ゲームクリエイターになれるのです。

しかし、それだけではアイデアが尽き、挫折をすることもあるでしょう。

そうならないためにも、さまざまな知識が役立ちます。

今まで必要ないと思っていた知識でさえ、アイデアの元になることがあります。

そのため、学生である今できることを精一杯やることも重要です。

ゲームクリエイターやプロゲーマー問わず勉強は必要!

規則正しい生活を心がける

ゲームクリエイターは、基本的に椅子に座って長時間の作業をする仕事です。

そのため、体力がなければ続けていくのが難しいかもしれません。

大人になってから後悔することになるので、健康は重要ですよ。

できるだけ健康でいる努力をするために、成長期である中学生や高校生の時期では、規則正しい生活を続けるようにしましょう。

今からする努力が、後々の健康に繋がってきます。

まとめ

まとめ

中学生のうちに進路が固まっていると、夢を叶えるチャンスも増えます。

早めに実行することが大切なので、自分のやりたいことをしっかり定めておくようにしましょう。

体験入学やオープンキャンパスなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました